人類逆襲の最終章
  • 突如現れた宇宙船によって、わずか3日間で征服された地球。それから15年、人類は逆襲を開始した!
    地球人を“収穫”するため飛来したエイリアンの恐怖をスリリングに描いた『スカイライン-征服-』(10)。その独創的なアイデアとアップテンポな語り口、迫真のビジュアルで観る者を圧倒し、低予算のインディペンデント作品ながら国際的に高い評価を獲得した。続く『スカイライン-奪還-』(17)は、エイリアンと人類の関わりを解き明かし、侵略者に戦いを挑む“抵抗軍”のダイナミックなアクションを軸に展開。巨大マシンのスペクタクルなバトルを盛り込むなどさらなるスケールアップを果たし、ふたたび熱狂的な支持を得た。そして2021年、待望のシリーズ第3弾『スカイライン-逆襲-』が登場。前人未踏の宇宙を舞台に、人類VSエイリアンのラストステージが幕を開ける!
  • 3部作の最終章と位置づけられた今作は、人類とエイリアンの最終決戦。エイリアンの反撃で人類滅亡までのカウントダウンが進む中、ローズと抵抗軍は人類を救うことができるのか? 未知の惑星をめざす壮大なアドベンチャー、クリーチャーやエイリアンとの激しいバトル、タイムリミットのサスペンス、そしてローズたちを待ち受ける巨大な陰謀……エンターテインメントのあらゆる要素が盛り込まれた本作は、シリーズ最後を飾るにふさわしい作品に仕上がった。

    追い詰められた人類は、はたしてエイリアンを打ち破り再び自由を手にすることができるのか? 地球と宇宙を結ぶ壮大なスケールで描かれる、究極バトルを見逃すな。
突如現れた宇宙船によって、わずか3日間で征服された地球。それから15年、人類は逆襲を開始した!
地球人を“収穫”するため飛来したエイリアンの恐怖をスリリングに描いた『スカイライン-征服-』(10)。その独創的なアイデアとアップテンポな語り口、迫真のビジュアルで観る者を圧倒し、低予算のインディペンデント作品ながら国際的に高い評価を獲得した。続く『スカイライン-奪還-』(17)は、エイリアンと人類の関わりを解き明かし、侵略者に戦いを挑む“抵抗軍”のダイナミックなアクションを軸に展開。巨大マシンのスペクタクルなバトルを盛り込むなどさらなるスケールアップを果たし、ふたたび熱狂的な支持を得た。そして2021年、待望のシリーズ第3弾『スカイライン-逆襲-』が登場。前人未踏の宇宙を舞台に、人類VSエイリアンのラストステージが幕を開ける!

   3部作の最終章と位置づけられた今作は、人類とエイリアンの最終決戦。エイリアンの反撃で人類滅亡までのカウントダウンが進む中、ローズと抵抗軍は人類を救うことができるのか? 未知の惑星をめざす壮大なアドベンチャー、クリーチャーやエイリアンとの激しいバトル、タイムリミットのサスペンス、そしてローズたちを待ち受ける巨大な陰謀……エンターテインメントのあらゆる要素が盛り込まれた本作は、シリーズ最後を飾るにふさわしい作品に仕上がった。

  追い詰められた人類は、はたしてエイリアンを打ち破り再び自由を手にすることができるのか? 地球と宇宙を結ぶ壮大なスケールで描かれる、究極バトルを見逃すな。
15年前、地球に出現した宇宙船は、青い光を放出し大量の人間を吸い上げていった。彼らエイリアン〈ハーベスター=収穫者〉の目的は、人類を資源に使うこと。捕らわれた人々は、脳を人造人間〈パイロット〉に移植され奴隷として使われた。母親が妊娠中に捕えられ、青い光の影響で特殊なDNAを持って生まれたローズは、父親代わりのマークらと抵抗軍を結成。10年後、リーダーに成長した彼女は、青い光のパワーの源コアドライブを積んだアルマダ艦を打ち破り〈ハーベスター〉は地球から姿を消した。

  それから5年、戦いで心に傷を負い抵抗軍を離れたローズは、女医マルらに支えられ世捨て人のように暮らしていた。そんなある日、ラドフォード将軍に呼び出されたローズは、コアドライブが敵の惑星コバルトワンに転送されていたことを知らされる。すでに〈ハーベスター〉は反撃の準備を整え、洗脳から逃れ地球で暮らす30億もの〈パイロット〉を再び操りはじめるという。それを阻止するにはコアドライブを止めるしかない。残された時間は72時間。ローズはオーエンス大佐、レオン伍長ら精鋭部隊や〈パイロット〉にされたマークの息子トレントらとコバルトワンに向かった。
ところがコバルトワンはすでに死の惑星と化していた。ひとけのない惑星に降り立ったローズらは、謎の怪物たちの襲撃をかわしながらコアドライブを捜索。そんな彼らの前に、〈ハーベスター〉のリーダーが現れる。いっぽう地球では〈パイロット〉の群れが人々を襲いはじめていた——。
リアム・オドネル 監督/脚本 LIAM O’DONNELL
1982年、マサチューセッツ州生まれ。ロサンゼルス在住。
ボストン大学を卒業後、2005年、グレッグとコリンのストラウス兄弟率いるVFX製作会社ハイドラックスに所属し、コマーシャルやミュージック・ビデオの仕事を始める。2007年にストラウス兄弟の監督デビュー作『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』のVFXクリエイティブ・コンサルタントを担当。ハイドラックスの映画製作部門の立ち上げに関わり、「スカイライン」シリーズの第1作目『スカイライン-征服-』(10)の脚本・製作を担当。『アイアンマン2』(10)のVFXクリエイター、『ザ・ベイ』(12) のVFXプロデューサーなどを経て、前作『スカイライン-奪還-』(17)では脚本を手掛けたほか、同作で監督デビューを果たした。
アラン・ホルト スーツ&特殊メイクチーム(ムービー・モンスターズ代表) ALLAN B. HOLT
90年代より特殊効果の世界で活躍し、低予算映画からメジャー大作まで多くの作品で造型や特殊メイクを担当。KNB EFXで『プレデターズ』(10)、レガシー・エフェクツでは『アイアンマン3』(13)や、『パシフィック・リム』(13)、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(14)、『ロボコップ』(14)、『ジュラシック・ワールド』(15)に参加。前作『スカイライン ー奪還ー 』(17)では、初めてクリーチャーのスーパーバイズを担当した。
  • リンゼイ・モーガン
    1990年、ジョージア州生まれ。
    テキサスで育ち、幼い頃から俳優を目指す。2011年『拘禁』でスクリーンデビュー。TVシリーズ『総合病院』(12〜13)のクリスティーナ・デイビス役でエミー賞にノミネートされる。大ヒットSFドラマシリーズ『The100/ハンドレッド』(14〜20)のメインキャストのひとりに抜擢されブレイク。前作『スカイライン-奪還-』(17)に続き、本作では主演に抜擢された。今後は、アクションドラマシリーズ『ウォーカー』(21〜)に出演予定。
    ジョナサン・ハワード
    イギリス・ランカシャー生まれ。
    TVドラマ『ダウントン・アビー』(13)などでキャリアを積み、『ワールド・ウォーZ』(13)でスクリーンデビュー。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(13)、『ナイト・チェイサー』(15)、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)ほか。
  • ダニエル・バーンハード
    1965年、スイス生まれ。
    高校卒業後、建築デザインを学んだのち、パリに渡りトップモデルとしての地位を築く。その後ニューヨークへ移住し、『ブラッド・スポーツ2』(未)でスクリーンデビュー。『マトリックス リローデッド』(03)、2013年の『PARKER/パーカー』、『ハンガー・ゲーム2』や、『ジョン・ウィック』(14)ではキアヌ・リーブスと敵対するキリル役を務めた。そのほか『レッド・ダイヤモンド』(16)、『LOGAN /ローガン』(17)、『アトミック・ブロンド』(17)など。
    ローナ・ミトラ
    1976年、ロンドン・パディントン生まれ。
    モデルとしてキャリアをスタートさせ、TVや映画に出演。TVシリーズ『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』に出演し注目される。マイケル・ベイ製作総指揮の人気ドラマシリーズ『ザ・ラスト・シップ』(14〜15)のヒロイン役で絶賛される。そのほか『ドゥームズデイ』(08)主演、『アンダーワールド ビギンズ』(09)ソーニャ役など。
  • ジェームズ・コスモ
    1984年、スコットランド生まれ。
    『ブレイブハート』(95)、『トレイン・スポッティング』(95)、『ベイブ/都会へ行く』(98)、『トロイ』(04)、『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』(05)、『T2 トレイン・スッポッティング』(17)など多数の映画出演のほか、HBOドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(11〜13)でも知られる。
    ヤヤン・ルヒアン
    1968年、インドネシア生まれ。
    シラットの他に空手や合気道を学び、武術インストラクターとして活動。2009年に武術指導として参加した『ザ・タイガーキッド〜旅立ちの鉄拳〜』で映画デビュー。前作『スカイライン-奪還-』(17)に続き本作にも出演。そのほか『ザ・レイド』(11)、『ザ・レイド GOKUDO』(13)、『極道大戦争』、(15)、『スターウォーズ/フォースの覚醒』(15)、『ジョン・ウィック:パラベラム』(19)など。
  • アレクサンダー・シディグ
    1965年、スーダン生まれ。
    父方の叔父はスーダン元首相のサーディク・アル=マフディー。4歳でイギリスへ渡り、ロンドン音楽演劇芸術院に進学。TVシリーズ『スタートレック』(93〜99)のDr.ジュリアン・ベシア役、『ゲーム・オブ・スローンズ』(15〜16)のドーラン・マーテル役や、『GOTHAM /ゴッサム』(17〜18)のラズ・アール・グール役などで活躍。チャドウィック・ボーズマンの最後の劇場公開作となる『21ブリッジ』(21)にも出演。
    チャー・リー・ユン
    1985年、ドイツ生まれ。
    3歳でテコンドーを始め様々な武道を学ぶ。プロのスタントマンとして活動を始め、『007/スカイフォール』(12)、『トリプルX:ザ・リターン・オブ・ザ・ザンダー・ケイジ』(17)などハリウッド大作に出演。本作でも、スタントチームのコーディネーターを担当した。
リンゼイ・モーガン
1990年、ジョージア州生まれ。
テキサスで育ち、幼い頃から俳優を目指す。2011年『拘禁』でスクリーンデビュー。TVシリーズ『総合病院』(12〜13)のクリスティーナ・デイビス役でエミー賞にノミネートされる。大ヒットSFドラマシリーズ『The100/ハンドレッド』(14〜20)のメインキャストのひとりに抜擢されブレイク。前作『スカイライン-奪還-』(17)に続き、本作では主演に抜擢された。今後は、アクションドラマシリーズ『ウォーカー』(21〜)に出演予定。
ジョナサン・ハワード
イギリス・ランカシャー生まれ。
TVドラマ『ダウントン・アビー』(13)などでキャリアを積み、『ワールド・ウォーZ』(13)でスクリーンデビュー。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(13)、『ナイト・チェイサー』(15)、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(19)ほか。
ダニエル・バーンハード
1965年、スイス生まれ。
高校卒業後、建築デザインを学んだのち、パリに渡りトップモデルとしての地位を築く。その後ニューヨークへ移住し、『ブラッド・スポーツ2』(未)でスクリーンデビュー。『マトリックス リローデッド』(03)、2013年の『PARKER/パーカー』、『ハンガー・ゲーム2』や、『ジョン・ウィック』(14)ではキアヌ・リーブスと敵対するキリル役を務めた。そのほか『レッド・ダイヤモンド』(16)、『LOGAN /ローガン』(17)、『アトミック・ブロンド』(17)など。
ローナ・ミトラ
1976年、ロンドン・パディントン生まれ。
モデルとしてキャリアをスタートさせ、TVや映画に出演。TVシリーズ『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』に出演し注目される。マイケル・ベイ製作総指揮の人気ドラマシリーズ『ザ・ラスト・シップ』(14〜15)のヒロイン役で絶賛される。そのほか『ドゥームズデイ』(08)主演、『アンダーワールド ビギンズ』(09)ソーニャ役など。
ジェームズ・コスモ
1984年、スコットランド生まれ。
『ブレイブハート』(95)、『トレイン・スポッティング』(95)、『ベイブ/都会へ行く』(98)、『トロイ』(04)、『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』(05)、『T2 トレイン・スッポッティング』(17)など多数の映画出演のほか、HBOドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』(11〜13)でも知られる。
ヤヤン・ルヒアン
1968年、インドネシア生まれ。
シラットの他に空手や合気道を学び、武術インストラクターとして活動。2009年に武術指導として参加した『ザ・タイガーキッド〜旅立ちの鉄拳〜』で映画デビュー。前作『スカイライン-奪還-』(17)に続き本作にも出演。そのほか『ザ・レイド』(11)、『ザ・レイド GOKUDO』(13)、『極道大戦争』、(15)、『スターウォーズ/フォースの覚醒』(15)、『ジョン・ウィック:パラベラム』(19)など。
アレクサンダー・シディグ
1965年、スーダン生まれ。
父方の叔父はスーダン元首相のサーディク・アル=マフディー。4歳でイギリスへ渡り、ロンドン音楽演劇芸術院に進学。TVシリーズ『スタートレック』(93〜99)のDr.ジュリアン・ベシア役、『ゲーム・オブ・スローンズ』(15〜16)のドーラン・マーテル役や、『GOTHAM /ゴッサム』(17〜18)のラズ・アール・グール役などで活躍。チャドウィック・ボーズマンの最後の劇場公開作となる『21ブリッジ』(21)にも出演。
チャー・リー・ユン
1985年、ドイツ生まれ。
3歳でテコンドーを始め様々な武道を学ぶ。プロのスタントマンとして活動を始め、『007/スカイフォール』(12)、『トリプルX:ザ・リターン・オブ・ザ・ザンダー・ケイジ』(17)などハリウッド大作に出演。本作でも、スタントチームのコーディネーターを担当した。